中国の経済成長は今後も長く続く可能性が高いため、日本の中国関連企業への株式投資は、資産運用先として有望です。

海外も視野に入れた資産運用
TOPICS
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外も視野に入れた資産運用

資産運用として外せない中国関連企業への株式投資

ここ10年くらい、中国の経済成長は著しいものがありました。3年前にはリーマンショックがありましたが、その後は中国が世界経済を引っ張るほどに影響が強くなっています。日本の企業でも、中国での事業展開を積極的に行ってきたところは、確実に業績が伸びてきています。近年、国内市場は、少子高齢化の影響で、縮小を余儀なくなれていますが、中国の成長を取り込めた企業は、成長を果たしてきている企業が多くあります。
日本の株式市場は、バブル崩壊以後、低迷してきていましたが、中国に関連した企業の株式は堅調な値動きをしてきました。今後も中国の経済成長は、長期的に続く可能性が高いため、中国関連の日本企業の株式を購入して資産運用していくと、かなりの確率で高いリターンが望めるのではないかと考えます。とくに中国では中流階級が育ってきているので、消費関連の企業の株式は安定した成長が見込めるのではないかと思います。
最近になって、中国の経済はヨーロッパの信用不安の影響を受けて、減速していると言われています。中国からヨーロッパへの輸出が減少したために、中国経済に影を落としている状況があります。しかし、中国では景気てこ入れ策として、預金準備率や金利の引き下げなどを行ってきています。その結果、来年あたりから、中国景気は持ち直す可能性が出ています。日本の中国関連企業の中では、中国景気の減速を受けて、株価が低迷しているところもあります。しかし、中国経済は長い目で見れば、上昇していくことが期待できるので、中国関連企業の株式を購入するには、良い時期になっていると思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2018海外も視野に入れた資産運用.All rights reserved.