中国への投資で資産運用を行うという人もいるかもしれませんね。そこで今回は関連した話をしていきます。

海外も視野に入れた資産運用
TOPICS
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外も視野に入れた資産運用

中国への投資で資産運用を行いたい方

みなさんの中には中国の経済を大信頼している人も少なくはないと思います。最近ではそのような経済のニュースが目立っていたということもありますしね。また日本のGDPも中国からは向かれていることが大きなこととなっています。その中で、資産運用を行う際に中国を勧めるかと聞かれると推奨までは行きませんと答えるのが正直なところです。その理由は何個かあるんですけどね。そこで今回はそのようなことについて述べていきたいと思います。まずは中国の金融商品を資産運用として購入したとします。それが持つのは10年後くらいが限度ではないかと私は考えています。その理由としては中国経済は世界的に見ればまだまだ経済指標なども高い水準を保っています。しかしながら、その水準の平均は近年低下傾向にあるのです。つまりこれからは中国経済としては衰退していくことが大きく考えられるということなのです。
それでは中国の金融商品に対して資産運用をしたいと言う人にはどのような商品を勧めるかというと、海外に展開している会社です。しかし勧めるとすればの話です。不動産などは都会だと買い手が付く場合もありますが、地価も低下すると思うのでなんともいませんね。もしもみなさんの中にも中国へ対してという考えの人がいる場合にはそのような天にも注目して将来的な投資をどのようにするのかを考えておきましょうね。資産運用というのは将来をきちんと考えた上で計画的に行うことが一番ですよ。

お役立ち情報

Copyright (C)2018海外も視野に入れた資産運用.All rights reserved.