中国関連の投資と資産運用について思っていることですが、昨今の周辺の市場動向に対する考えなどを書いてあります。

海外も視野に入れた資産運用
TOPICS
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外も視野に入れた資産運用

中国関連の投資と資産運用について思っていること

中国関連の投資と資産運用について思っていることですが、ここ数年、世界的に金融市場で大きな動きが見られることが多いように感じることがあります。特に中国は、近年、経済発展が著しく、人口や資源の面においても優れているために、世界の金融市場においても大きな位置を占めるようになってきています。日本に住んでいても、中国株の投資や最近自由化されたFX市場での元取引などが利用できるようになってきています。もちろん巨大なマーケットを相手に投資を行いチャンスをつかむことの意義も投資家としては大きいのですが、まだまだ未知数の中国市場についてこれらの商品を活用することで、日本にいながらにして中国の経済動向をうらなうということもできるのではないかと思っています。
しかしごく最近になってからは、一連の尖閣諸島を含む問題などで急激に対日感情が現地で悪化しているような状況もあります。それに伴って、現地で法人を持つ日系企業の株価に影響がでたり、輸出入などの動向が変化するというような事態が発生してきています。逆にこうした状況であるからこそ、香港を代表とする中国市場に目を光らせておくということも大切なのではないかと思っています。これからの中国戦略を考える上でも、あるいは日本と中国の政治、貿易などの関係をうらなう上でも、こうした投資の世界をおぼえておいて損は無いのではないかと考えています。ひいてはアジア圏や世界全体の金融市場の動向についても、興味を持って取り組むことができるようになるのではないかと思います。

Copyright (C)2018海外も視野に入れた資産運用.All rights reserved.