中国での資産運用は、少し控えたほうが、良いようです、いろいろな問題が出てきています。様子見の時期です。

海外も視野に入れた資産運用
TOPICS
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外も視野に入れた資産運用

中国での資産運用は控えたほうがいい時期です。

最近、中国では、尖閣列島問題で、日本にかなり悪い感情を持っていますので、資産運用は、控えたほうが良いです。問題が沈静化してから、ゆっくりと考えたほうが、良いようです。中国に進出している多くの日本企業がかなりの被害を出しています。これからの成り行きによって、中国から撤退する企業も出てくると思います。中には、中国で営業できない企業が多く出ています。政治的に解決していくと思いますが、時間が掛かるようです。結構長引きそうな感じです。
資産運用は、中国は、安全な国とは言えなくなってきています。特に日本に対しては、マイナスに働く要因が多いようです。それでも中国は、数少ない、成長をしている国です。成長が止まってきていますが、ほかの国に投資するよりは、中国に投資したほうが、有利に働くことは、間違いは無いです。もう少し、様子を見てからの方が、良いようです。急いで投資するとろくなことは無いです。事の成り行きを見てからでも遅くはないようです。
中国は、尖閣列島以外の問題でも、少しバブルに走っている感じがします。中国一辺倒の時代です。どの株式も先を見越して、上がりすぎた感じがします。これからは、急に下がることも予想できます。中には既に下がっている、株も多くあります。バブルが崩壊すると、株は、急に変化しますので、少し見送りが必要です。確実な方向性が出てくるまで、待っていても良いようです。相場は、逃げませんのでいつでも出来ます。お金は、無くなると返ってきません。

お役立ち情報

Copyright (C)2018海外も視野に入れた資産運用.All rights reserved.