中国中華人民共和国、共産主義体制、体質は日本と同じ上がわがまま、資産運用、上に行くほどに贅沢三昧肉体労働なし、

海外も視野に入れた資産運用
TOPICS
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外も視野に入れた資産運用

資産運用、中国は、天秤棒かついでお金した歴史あり

ここ発展が目覚しい中国、日本の企業をだきこんで一緒に儲けているうちはいいが、大きくなるにつれ日本の企業人を邪魔にしてきても困ります。口と腹が違う中国ゆえにめんどくさい。政府のお考えがよくわからない、しかし資産運用は抜け目なく抜かりなく進めているようです。頭が良く、たるんだ心ないのです、特になることは狙いをつけすぐ買う、考える余地を与えない、総理ひとりで決める。これが熾きてなのでしょう。
考えていて買えない。いつも先起こされる、先手を取られてあれよあれよというまに、中国が大きく栄え、天下を取るまでに成長してゆく、磐石な基本の上に都市ずくりをしているから強い、これからも、沈むことなく資産運用を続けてゆく中国ならではの戦略思索がいっぱい盛り込んであるのではないだろうか。弱気を見たことがない、弱音を吐いたことがない。まえまえから国の柱を崩さない利口な方々、発展するためなら手段を選ばず。これが首相のやり方です。誰にもとめられない。内閣主導のなのもとに
国の利益を得るだめの努力を惜しまない国、人一倍国の愛国心は強く持っています。昔貧困で日本人にいじめられたから、今度は仕返しをしたいのでしょうか。こんな日本を笑い飛ばしているような気がしなりません、中国の資産運用は素晴らしく偏ってはいてもうまいです。国をつぶしてはいないし、国が栄えてわいますから民の暮らしはきついと思いますよ。それでも、民は崩れることなく根性で市場へ繰り出し売りさばきに走りだすのです。市場は活気に満ちています。

お役立ち情報

Copyright (C)2018海外も視野に入れた資産運用.All rights reserved.